聖歌隊が2位に

 ディズニーの氷上ショーと南ア聖歌隊が、先週まで首位独走中だったマスターズを抑えた。特にディズニーは圧倒的な枚数を売り上げており、日にち、価格帯によっては品切れも出始めている。座席の確保はお早めに。聖歌隊は南ア伝統のアカペラ唱法を特徴としている。2度のグラミー受賞歴を持ち、クイーンやセリーヌ・ディオンといった世界的スターとの共演経験も豊富なベテランだ。

フラメンコ初登場

 怒涛の売れ行きで他を圧倒する男子テニスの国際大会を筆頭に、3位までが前回と同じ内容となった。4位に初登場したのは、有名フランスオペラを原作とするフラメンコ劇だ。脚本、監督はスペインフラメンコ界の巨匠、マノロ・マリン。悲惨さ、陰鬱さを押し出した原作に対し、生命力あふれる明るい世界観を描いた。本場セビリアの舞踏団によるフラメンコダンスも必見だ。

テニス猛攻開始

 毎年人気のテニスイベントが初登場でトップに輝いた今回のランキング。ATPランキング上位30位以内の選手は出場が義務付けられており、スター選手の試合を間近で観戦できる。上海の秋の名物イベントとして、テニスファンならずとも一度は体験したい。また現代バレエ舞台も4位に初登場。ロシア古典文学を元にした作品を多く手がける国立バレエ団が、登場人物の心理を掘り下げて表現する。

再びトップに

 開催が来月に迫るバイオリニストのコンサートが、数週間ぶりに1位に返り咲いた今週のランキング。今回はオーケストラではなく、ファン待望のソロでの出演となる。また2位には、9月開催の野外音楽フェスティバルが初登場した。ドリームポップバンドDIIV、サイケロックバンドTOYとインディーロックファンは必見のラインナップ。秋空の下、芝生の上でビール片手に音楽三昧の週末を過ごそう。

夏フェス大盛況

 サマーソニックとバイオリニストのコンサートが先週に引き続いて1位と2位を獲得した今週。サマソニにはビジュアル系バンドLUNA SEA、B’zのボーカル稲葉浩志の出演が予定されており、日本人の注目度も高い。また9月に行われる別の野外フェスでは、映画「君の名は。」主題歌で中国でも高い知名度を誇るRADWIMPSの参戦が決定した。盛り上がり必至の夏イベント、どちらもお見逃しなく!

フェスがアツい!

 今年初めて上海に登場する日本の夏フェス、サマーソニックが初登場で1位を獲得! 90年代に大ヒットした日本のビジュアル系バンドLUNA SEAの参戦も決まり、注目度は急上昇中だ。そのほか日本からガールズバンドBAND-MAID、カナダのポップパンクバンドSum41といった面々が名を連ねる。日本のメディアでも活躍するバイオリニストのコンサートも手堅く売れており、2位にランクアップ。

舞台が人気

 先週と同じ舞台が1位と2位を獲得した今回のランキング。1位のブロードウェー舞台は日本でも根強い人気のコメディ映画が原作。夢と感動のストーリーで、世代を越えてオススメできる作品だ。先週初登場したトルコ人ピアニストは1ランクアップし4位に。またランク外では、第2弾ラインナップが発表されたサマーソニックに注目が集まっている。日本の有名夏フェスをここ上海で楽しもう!

日中舞台に期待

 先週と同じく1位を獲得したブロードウェー舞台に続き、日中舞台が2位に初登場した今週のランキング。日本と中国で活躍する俳優の小松拓也と、NHKの「テレビで中国語」出演で知られる段文凝が出演する。段文凝は「美人すぎる中国語講師」として日本のメディアで数多く活躍。今回の舞台では、小松拓也と感動のラブストーリーを演じる。2カ国語字幕付きなので、気軽に訪れてみては。

サーカス好調!

 今週のランキングは米舞台が1位に、サーカスが2位にそれぞれランクアップ。サーカスはシルク・ド・ソレイユ出身のメンバーが立ち上げたカンパニーの第2作目「TRACES」のグレードアップ版だ。家族をテーマに、名門仕込みの超絶アクロバティックを無駄な装飾を排したシンプルな舞台で披露する。日本のメディアにも出演多数、人気バイオリニストのコンサートは3位を獲得した。

米舞台が浮上

 バイオリニストのコンサートが圧倒的人気を見せつけた今週のランキング。続く2位に初登場したのは、映画原作のブロードウェー舞台だ。日本を含む世界各地で公演を行い、600万人以上を動員してきた名作。オリジナルプロデュースをウーピー・ゴールドバーグが務めたことでも話題を集めている。主人公デロリスの成長を描く、ユーモアと感動いっぱいの舞台に元気をもらいに行こう!

サーカス初登場

 不動の1、2位に続き、サーカス舞台が3位を獲得した今回のランキング。シルク・ド・ソレイユ出身のメンバーによる気鋭のカンパニーだ。無駄な装飾を排したシンプルな舞台で、芝居やダンスを交えながら超絶アクロバティックを繰り広げる。ランキング外では、ブロードウェイミュージカルに人気が集まっている。元クラブ歌手が修道院で巻き起こすドタバタ劇に、元気をもらえる作品だ。

古楽オペラに注目

 3週連続で1位と2位のバイオリンコンサートとイギリスのミュージカルに続き、オペラコンサートが3位に初登場した今週のランキング。オペラコンサートではリュートをはじめ、木管楽器、チェンバロなど中世からバロック期にかけてヨーロッパで流行した楽器が勢揃い。演奏に歌唱と演劇も交え、即興性の高い当時のオペラを再現する。ちょっと変わったコンサートを探している人にオススメだ。