タイのハイエンド・ホテル、上海に上陸

「スコータイホテル&リゾート」の中国初ホテルが4月28日にオープン。建築デザインユニットNeri&Huによるインテリア、趣の異なる5つのレストランとバー、人と環境にやさしい珪藻土の壁や日本の「teamLab」などによる先端アートの数々を揃える。

お好みの日本酒がきっと見つかる

和食堂「山里」がランキングサイト「日本酒物語」を基にして日本酒の銘柄を一新した。大人気の「獺祭純米大吟醸」、中国では滅多に味わうことができない「李白大吟醸」をはじめとした厳選の美酒、名酒の数々が四季折々の料理とともにいただける。

環境保護イベント開催

「ザ ランガム 上海 シンティエンディー」が3月24日から4月22日まで、「LOVING EARTH
MONTH」と題した環境保護意識の啓蒙活動を実施。ホテル内のテレビや空調の使用を抑えたり、照明を控え、ろうそくで過ごす「Earth Hour」などの各催しが好評を集めた。

生粋のイタリアンならGusto におまかせ!

上海シティビストロにイタリアンコーナー「Gusto」が堂々オープン。ジュリオ・アントニオシェフは20年にわたるイタリアンと地中海料理のキャリアを誇る。毎週水曜から日曜のランチ、ディナータイムにシェフによるピザやパスタが楽しむことができる。

都会のオアシス「Q-Box 鉑派」ホテル

緑地国際酒店管理集団が都市部の若者向けミッドレンジホテル「Q-Box鉑派」を発表した。テーマは「自分らしいスタイル」。レジャー施設、ロビーにて書籍の充実や映画上映などの各種サービスで疲れた心を癒す。20年までに全国100軒の展開を目標に掲げる。

ステーキとシーフードのめくるめく饗宴

ホテル2階のステーキレストラン「The MEAT」がディナーコースを一新。A5ランク霜降り吉林黒毛牛サーロインに、キャビア、黒トリュフなどを贅沢に合わせた。1人680元。240元追加でお勧めワイン4杯、480元で高級ワイン付き、サービス料別途。

寿司体験のできる会議プラン

西洋または中国料理とスイーツ付きの10人以上から予約可能な会議プラン(全日630元、半日530/名)にプラス100元で、手巻き寿司体験を追加できるユニークなオプションが登場。日本料理レストラン「山里」の職人が手巻き寿司を手ほどきしてくれる。

新茶とタケノコで季節を味わう

「中華レストラン夏宮」が提供するのは初夏を感じさせる新メニュー6種。タケノコを鶏肉やアワビと一緒にプーアール茶でじっくり煮込んだ普洱春筍老鶏燉鮑魚、ギンダラを烏龍茶と特製タレに漬けこんでふっくら焼いた烏龍茶焼銀鱈魚など、爽やかうま味が舌の上で踊る。

ペットと一緒に泊まろう!

戌年にちなんでより充実したスペシャルフレンドリーペットルームを提供する。ペットの体重制限を 5㎏から10 ㎏ に 上 げ、 部 屋 にはペット専用の食器やマットなどを用意し、ペット用ケーキのサービスも行う。料金は宿泊 料+800元。 5日 前 までに要予約。

土日は親子でブランチ、5月末まで

5月末まで和洋中の豪華ビュッフェを実施。子ども向けに綿あめ、カップケーキ教室も開催中だ。料金は1278元、微信支払いで158元、家族セットは338元(大人2人と140㎝以下の子ども1人)。午前11時半から午後2時半まで。サービス費別途。

浦東に3タイプの新ホテル

ラ グ ジ ュ ア リ ー な「上海三甲港緑地鉑瑞酒店」、高級ビジネス向けの「上海三甲港緑地鉑驪酒店」、カジュアルな「上海三甲港緑地鉑派酒店」と異なるタイプの3軒のホテルが328日、浦東新区に開業した。コンベンションセンター、スパ、運動施設なども完備。

リニューアルしたメニューに舌鼓

海天閣中華レストランのメニューがグレードアップした。ぷりぷりのエビと色鮮やかなアスパラガスが目にも鮮やかな油泡芦筍蝦球や、甘くて滑らかなデザート桂花香蜜亀苓膏など新顔が続々お目見え。ナツメの木で焼く伝統製法の看板メニュー、京鴨縁烤鴨もお勧めだ。