チャリティーイベント「未来へ」開催

 第4回目となる健康促進イベント「未来へ」が10月末、行われた。当日は300人以上の参加者がケリーセンターの1625段の階段を駆け上がり、ゴールを目指した。イベントは貧困児の救済を目的に行われ、集まった募金9万9000元は全て児童医療センターに寄付されている。

本格牛が揃うステーキハウス登場

 ホテル2階にステーキハウスが新登場。肉汁豊かなオーストラリア産アンガス牛のハンバーグなど、本格アメリカンスタイルを楽しもう。平日午前11時半から午後2時は、メイン1品の158元、メイン2品の188元と、2つのランチコースあり(15%のサービス料別途)。

ザ・セントレジス珠海がオープン

 マリオットインターナショナルの最高級ブランド、ザ・セントレジスホテル&リゾートが珠海にオープン。珠海中心大厦の41階から72階にあり、全室から大湾地区のウォーターエリアが見渡せる。珠江デルタの中心で香港地区、マカオ地区、深圳などへの行き来も便利。

毎月「5」の付く日がお得

 広州の岭南五号酒店最上階の閲江酒吧では、毎月5、15、25日と、月曜から水曜まで、「ビール1本5元サービス」を実施中。5種類のビールが全て1本5元に。また赤、白ワインの飲み放題は55元。生演奏をバックに、珠江
の夜景を眺めながら、特別な時間を。

高級中華を囲んで忘新年会はいかが 緑

 リフォームされたばかりのパーティーフロアでは、海鮮たっぷりの特別中華がスタンバイ。ビジネス会食用には3種のコースも用意され、メインフロアは最大25の円卓を並べて食事が可能。スクリーンや音響の設備があるので、忘新年会会場にもおすすめだ。

マンション管理部の総経理に戴偉強氏

 緑地国際酒店管理集団のマンション管理部総経理に、新たに戴偉強氏が就任した。戴氏はマンション管理業務25年のキャリア。今後プロジェクト開発や運営管理を全面的に担当する。設計総監には、リゾートホテルなどを
多数手がけてきた于健輝氏が任命されている。

ホテル「エディション」が上海に上陸

 百貨店などが立ち並ぶショッピングエリアの南京東路沿いに上海エディションが開業した。外灘から徒歩約8分の立地で、浦東の摩天楼を臨む客室もあり。屋上庭園にある映画館や360度全景を見渡せるバー、都市を俯瞰できるプールなど施設も充実している。

体を温める秋の新メニュー登場

 クラウンプラザ1階に位置する、世界各国の美食が揃うレストラン「融咖啡餐庁」では滋養に富んだ秋の新メニューがスタートした。紹興酒に漬けた独特な風味の花雕熟醉蟹や辛味と酸味が爽やかな魚料理の藤椒酸辣燙星斑など体が温まる中華料理を用意している。

杭州市にルメリディアン開業

 ルメリディアンホテルが9月27日、浙江省杭州市にオープン。濱江区のオフィス街に位置し、銭塘江や龍井の山々の美しい眺めも満喫できる。1300㎡の大会議場や5階には子ども用の遊技場など、ビジネスから家族での利用にまで対応する各施設を揃えている。

イタリアの有機野菜から作られた料理

 ザ・スコータイ上海1階のイタリアンレストラン「La Scala」がこの秋、全ての料理をリニューアルした。空輸したイタリアの有機食材を使用し、冷凍食材を使わない理念の下、新鮮な料理を届ける。前菜とメインを選べるコースのランチは168元から味わえる。

陽澄湖産の大閘蟹料理を提供中

 30年代のオールド上海風の装飾で彩られた、地下1階の中華料理店「明閣」では現在、陽澄湖産の大閘蟹を使った料理を提供中。雌や雄の姿蒸しだけでなく、小龍包や蟹粉豆腐、炒飯などが楽しめる。香港ミシュランで2つ星を獲得した店の季節の味を堪能しよう。

日本式ハイティーをラウンジで

 陝西南路駅最寄りのオークラガーデンホテルでは、和式のハイティーが登場。1階のラウンジ「Oasis」、あるいは市中心部の景観を見渡せる33階の「Sky Bar」で、9色のチラシ寿司や桜の入ったデザートなどの食事が楽しめる。価格は2人で388元(サービス料含む)。