Whenever上海チケット予約

6437-6098 189-1661-6357 sh_ticket@mediamanbu.com
6/16㊏

五嶋 龍コンサート Romance of France

近年恒例の上海公演

幼少時から海外で目覚ましい活躍を続けるバイオリニスト、五嶋龍が東方芸術中心に帰ってくる。
88年米ニューヨーク生まれ。グラミー賞受賞経験を持つバイオリニスト、五嶋みどりは実姉。 3歳よりバイオリンを始め、 7歳で札幌のクラシック音楽祭にてコンサートデビューを果たした。
その後ロンドン、フィラデルフィア、ウィーンなど世界各地の
有名オーケストラと共演。上海へはこのところ毎年訪れており、今回は
3年ぶりの日本全国ツアーに先駆けた公演となる。ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」、サン=サーンスの「バイオリンソナタ」などを含む5曲を演奏予定。

 

6/8㊎

デヴェンドラ・バンハート ソロライブ

フリーフォークの旗手

米国生まれ、ベネズエラ育ち。12歳から作曲し始め、これまでに9枚のアルバムをリリース。 30年代のフォーク音楽を独自の視点で展開する。音楽の他にも絵画の個展やシャネルのモデルを務めるなど多才。

6/2㊐

コンサート 東方市民音楽会・週末版

地元楽団のモーツァルト

首席奏者兼音楽総監のバイオリニスト、ウェイ・メイメイ率いる上海バロック室内楽団が欧州各地で活躍するフィリップ・ベイリーを指揮者に迎えるコンサート。モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」など3曲を演奏予定 。

6/23㊏~6/24㊐

上海歌舞団『朱鷺』

トキの絶滅危機描く

上海歌舞団による、絶滅危惧種の鳥、トキをテーマにしたダンス劇。中国で縁起の良い鳥とされるトキの歴史を、原始から現代の4部構成で描く。絶滅危機から野生個体の発見、繁殖の成功という過程をドラマチックに表現する。

6/8㊎

マリオ・アロンソ ソロリサイタル

王室前での演奏経験も

スペイン出身の“ピアノ王子によるソロリサイタル。オランダ、イタリアの芸術学院で修行を積み、スペイン王室の前で演奏を披露した経験も。中国での演奏機会も多く、 2年前には浙江省杭州市の古鎮でも公演を行った

6/24㊐

マリアンナ バイオリンコンサート

ロシア人による中国曲公演

名門モスクワ音楽院出身のロシア人バイオリニストによるコンサート。中国公演の際に触れたバイオリン協奏曲「梁山伯と祝英台」に感銘を受け、中国作品に傾倒するようになった。中国の音階や胡弓、琵琶、古筝など伝統楽器の独特な音色・演奏法を研究して理解を深めた。今回は同曲ほか「苗嶺的早晨」「海濱音詩」など10曲を披露する。

6/10㊐

北京交響楽団コンサート 「中国夢」

中国の“ 顔” による指揮

クラシック音楽普及に努め、 20年で延べ100万人を動員した北京交響楽団のコンサート。国際的指揮者の譚利華が率いる。中国を代表する作曲家の施光南、張千一ほか、ドヴォルザーク『交響曲第9番「新世界より」』も演奏する。

8/30㊍~9/5㊌

ミュージカル 「レント」

 

若者たちの苦悩描く

19891224日 か ら1年間の米ニューヨークのイーストヴィレッジを舞台にしたブロードウェーミュージカル。

プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』をベースにエイズ、同性愛、友の死などを抱え懸命に生きる若者を描いた物語や音楽が好評を呼び、 124カ月のロングラン、合計5100回以上の公演を記録した。

5/11㊎

パコ・ペーニャコンサート 「Esencia」

レジェンドが贈る情熱のフラメンコ

世界的フラメンコ・ギタリストのパコ・ペーニャによるコンサートが511日、東方藝術中心音楽庁で開催される。
パコ・ペーニャはスペイン・コルドバ生まれの
76歳。早くから英ロンドンに移り住み、 25歳で初のソロコンサートを開催。ソロギタリストとして評価を高める一方で、選りすぐりのダンサーと共に舞台を作り上げ、海外公演を行うなど、スペイン国外へのフラメンコ普及に大きく貢献を果たした人物としても知られる。
今回は彼のギター演奏に加えて、ダンサーによるフラメンコ、歌唱による三位一体構成でお届け。コンサートタイトルの「
Esencia」含む全15曲を演奏予定だ。

5/19㊏

メルボルン交響楽団コンサート

 

巨匠と人気ピアニストの共演

英国を代表する指揮者アンドリュー・デイヴィスが首席指揮者を務めるメルボルン交響楽団のコンサート。アンドリュー氏は、グラミー賞にノミネートされた実力者。チャイコフスキー交響曲第6番『悲愴』などを演奏予定。

5/11㊎

コンサート Birds in Baroque

鳥のさえずりにインスパイアを受け、バロック音楽にアレンジを加えた曲で知られる、リコーダー奏者のシュテファン・テミング、ソプラノ歌手のドロテー・ミールズと5人組バンド「ザ・ジェントルマンズバンド」によるミニコンサート。
ヘンデルやヴィバルディなの有名バロック音楽のアレンジに乞うご期待。

6/10㊐

ズービン・メータ指揮 ランラン演奏会

巨匠と人気ピアニストの共演

ウィーン・フィルの新年コンサートなどでも常連の指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と中国の人気ピアニスト、郎朗のコンサート。ガーシュインの『ラプソディー・イン・ブルー』などを演奏予定。