Whenever上海チケット予約

sh_ticket@mediamanbu.com
2/22㊎~ 2/28㊍ 13:30、19:15

ミュージカル スクールオブロック

ロックしようぜ!
03年にジャック・ブラック主演で映画化された「スクールオブ ロック」のミュージカル版。
「オペラ座の怪人」「キャッツ」など数多くの名作ミュージカルを生み出したアンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛けた。
物語の主人公デューイは落ちこぼれのミュージシャン。名前を偽ってエリート小学校の臨時職員として潜り込む。やがて担当クラスの生徒たちに音楽の才能を見出し、ロックの素晴らしさを教えこむ。さらには学校に内緒でバンドコンテストに出場しようと画策するが…。10歳前後の子どもたちの楽器演奏と全編通して感じられるライブ感に注目だ。

1/9㊌ 19:30

シチリア・フィルハーモニックオーケストラ ニューイヤー・コンサート

新年からイタリア気分
イタリア・ミラノやローマのオペラハウスなどの交響楽団演奏者で構成するオーケストラの新年音楽会。「ニューシネマパラダイス」「ゴッドファーザー」「山猫」などイタリアを舞台にした映画のテーマ曲含め16曲を演奏予定だ。

2/14㊍ 19:30

小野リサ バレンタインコンサート

ボサノバの女王、来海
“ボサノバの女王”によるバレンタインコンサート。10歳までブラジルで過ごし、15歳からギターを始め、アントニオ・カルロス・ジョビンなど 数々の巨匠と共演してきた。 近年はバレンタインや年末年始など節目節目に中国で公演を行っている。今月20日にはカフェがテーマのリミックスアルバムを2枚同時発売する。

2/20㊌ 20:00

コーダライン 上海ライブ

日本でも人気のオルタナロック
アイルランド出身のオルタナティブ・ロックバンドの上海公演。これまでにアルバムを3枚発売。叙情的なメロディで人気を博し、母国ではスタジアムでライブを行うなど国民的バンドの地位を築く。日本では14年に発表した「オー ル・アイ・ウォント」がテレビ番組「テラスハウス」で使用され、大ヒットを記録した。

12/29㊏ ~1/13㊐ 14:00、19:00

ミュージカル 風と共に去りぬ

色褪せぬ不朽の名作
1936年に出版されたマーガレット・ミッチェルの有名小説の音楽劇。南北戦争時代の米国を舞台に、南部の農園の娘が戦争に翻弄されながらも激動の時代を強く生きようとする女性の姿を描く。セリフは英語。中国語字幕あり。

1/17㊍ ~1/22㊋ 14:00、19:30

ミュージカル コーラスライン

不朽の名作音楽劇
1975年に初演され、トニー賞、ピュリツァー賞を総なめにした音楽劇のリバイバル。主役は実力がありながらスポットの当たらない名もなきダンサーたち。苦悩や挫折を乗り越え、ひたすら夢に向かって邁進する姿を描く。

1/26㊏ 15:00

Magic Piano The Chopin Shorts

ショパンをアニメで
ショパン楽曲のピアノ生演奏付きアニメ上映会。魔法のピアノで旅に出る少女が主人公の、アカデミー賞作家の3Dストップモーションアニメ「Magic Piano」と、国内外の作家がショパンの練習曲に制作した短編映像を上映する。

12/25㊋ 19:30

西本智実指揮 イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

数少ないマエストラ
世界で活躍する指揮者の西本智実と、彼女が結成したイルミナートフィルハーモニーオーケストラのコンサート。チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」、ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」など有名曲を聖夜に響かせる。

12/20㊍ ~12/31㊊ 14:00、19:30

ミュージカル シカゴ

社会風刺の人気作
ブロードウェーで歴代2位のロングラン記録を持つ、米イリノイ州シカゴを舞台にしたミュージカル。罪を犯した、抜群の美貌を持つ女性が世論を味方に無罪を勝ち取るという実際の事件がベースとなっている。

1/17㊍ ~1/22㊋ 14:00、19:30

ミュージカル コーラスライン

不朽の名作音楽劇
1975年に初演され、トニー賞、ピュリツァー賞を総なめにした音楽劇のリバイバル。主役は実力がありながらスポットの当たらない名もなきダンサーたち。苦悩や挫折を乗り越え、ひたすら夢に向かって邁進する姿を描く。

12/22㊏ 19:30

マキシム ピアノリサイタル

クロスオーバーの巨星
03年にアルバム「ザ・ピアノ・プレイヤー」でメジャーデビュー。世界57カ国で200万枚以上を売り上げた。クラシックをポップスと融合させた“クラシカル・クロスオーバー”の先駆者として世界各地で活躍の場を広げる。

1/4㊎ ~1/6㊐ 19:15

キエフ・バレエ団 白鳥の湖

誰もが知る名作公演
1867年に設立したウクライナのキエフを拠点とするバレエ団が、“誰もが知る”クラシックバレエの名作「白鳥の湖」を上演。元ソリストのビクトル・ヤレメンコ氏が監督を務める。伝統に裏打ちされた舞を堪能しよう。