新彊亀茲石窟壁画芸術展

新彊亀茲石窟壁画芸術展

 3世紀から10世紀頃の壁画43点の模写や複製画を展示する。新疆の克孜爾石窟第118窟で発見され、仏や金翅鳥が描かれた高さ2.29m、幅5mに至る3世紀頃の作品の複製画「天相図」は、必見。

浮世狂歓 浮世絵裏的怪力乱神

“人ならざる者”を浮世絵で

 浮世絵の中でも、妖怪、お化け、神、鬼、動物など“人ならざる者”に焦点を当てた作品を集めた展示会。歌川国芳、歌川芳艶、葛飾為斎、 歌川国貞、河鍋暁斎といった9人の有名絵師の浮世絵が並ぶ。

「緑響く」 東山魁夷・汪蕪生作品展

東山魁夷の描く景色を写真と

 日本風景画家、東山魁夷の有名絵画「緑響く」をはじめとする55点の作品を展示する。「黄山雨過」など中国モチーフの絵画もあり、中国の風景写真家、汪蕪生の撮った黄山などの写真も同施設で鑑賞可。

OTHERWORLDS Visions of our Solar System

惑星などを捉えた映像70点

 アメリカ航空宇宙局NASAや欧州宇宙機関ESAが公開したデータに、米国の芸術家マイケル・ベンソンが手を加えて仕上げた映像70点が鑑賞できる。火星や土星など太陽系の星々の画像から宇宙の神秘を感じとろう。

アナと雪の女王 夢幻特展

「アナ雪」を映像やデッサンで

 映画『アナと雪の女王』最新作をフィーチャーした展示会で、プロジェクションマッピングで世界観を再現するブースを設置する。映画の制作過程が見られるデッサン、設計図約200点も電子画像などで展示。

滄海之虹 鑑真和上と唐招提寺 東山魁夷作品展

東山魁夷作品、寺の至宝集結
 渡来僧鑑真が日本にもたらした仏具やその人生が描かれた絵巻などが出品される。日本画家、東山魁夷が11年を費やした大作「唐招提御影堂障壁画」全68面も一堂に展示。通常非公開の寺宝をお見逃しなく。

重影 北島撮影展

詩人の世界観を写真でも

 北京出身の詩人、北島が1970年から撮影した写真を鑑賞できる。自身の写真展は7年ぶり2回目。手稿も飾られ、文章と写真から北島の世界観を体験可能。同施設内の之禾書店では詩集『重影』も販売される。

周春芽 東南形勝

故郷重慶を絵画に描く

 重慶市出身の芸術家、周春芽の1978年から2013年までの作品を展示する。故郷や原住民族、桃花などを題材にした素描や油絵、塑像を通し、40年余りの探求と試みを見ることができる。手稿や映像記録もあり。

My Best Wishes̶欧洲百年 クリスマスカードの歴史特別展

クリスマスを彩るカード約300枚

 欧州のクリスマスカードおよびニューイヤーカード原本約300枚を展示する。全てクロアチアにある、ザグレブ美術工芸博物館の所蔵品で同国周辺の19世紀末から現代に至る文化の変遷を垣間見られる。

美術の誕生 太陽王からナポレオンまで

美術で見るフランス近代史

 パリ国立高等美術学院の所蔵する芸術作品80点を展示する。大部分が中国大陸初展示。17世紀のルイ14世から19世紀初めのナポレオンの時代までを油絵、彫刻、版画、模型、本、手稿などで振り返る。

ボブ・ディラン芸術展

著名音楽家250点超の作品展

 米出身ミュージシャン、ボブ・ディランが1960年代から作成した手稿、デッサン、油絵、彫像や映像といった250点を超える作品を展示する。公演巡回中の当時の風景などが絵の中に表現されている。

ジャン=リュック・ミレーヌ 天堂之秋

数カ月かけて鳥を撮影

 仏出身で40年間鳥と自然を撮影してきたフォトグラファー、ジャン=リュック・ミレーヌの1979年から2008年までの作品を集めた。1枚の作品に数カ月をかけ、決定的瞬間を捉えた写真約40点を鑑賞できる。