JAPAN GRAPHIC DESIGN EXHIBIT

日本著名デザイナーの作品展

日本の有名グラフィックデザイナー15人の作品を展示する。ポスター、書籍をメインに、動画などが鑑賞でき、うち30以上の作品が海外初出展。会期中3回、デザイナー本人による作品解説など講演も行う。

2019「紙尚世界」 上海国際紙藝術双年展

各国の紙製作品が100点超

30カ国以上から集まった100点超の紙製作品を展示する国際ビエンナーレ展。中国やほかの国など5つのコーナーに分かれ、高校生の作品が置かれる区画も。今回主賓の韓国に焦点を置いたブースもあり。

マーティン・ショーラー CLOSE

60超の肖像写真を展示

ドイツのフォトグラファー、マーティン・ショーラーによる写真展。一般人からジュリア・ロバーツ、ジョージ・クルーニー、ビル・ゲイツといった著名人に至るまで60点以上のポートレートを鑑賞できる。

消失的技法 ジャン・ボードリヤール写真展

思想家がファインダー越しに見た世界

フランスの思想家、文芸評論家として活 躍したジャン・ボードリヤール生誕90年を祝う記念展。彼自身が80年代から撮影した風景や街中の物など、約50枚の写真を中心に、彼の残した言葉や映像を展示する。

Happy Little Moment Arlyna的手帳行記

デザイナーの手帳の中身を拝見

中国系アメリカ人グラフィックデザイナーArlynaの個展。旅行、休日の様子をスケッチ、スクラップ、写真などで記録した手帳を展示。彼女ならではのデザインセン スで、鑑賞者も旅行した気分に。

ビクトル・ユゴー 天才的内心

作家が残す絵画や手稿に触れる

「レ・ミゼラブル」などで知られるフラ ンス作家ビクトル・ユゴーの特別展。創作に関連する絵画、塑像、書籍や手稿、日常品など、一部パリのユゴー博物館から来た 200点を超えるアイテムを鑑賞できる。

ガラス工芸職人 エリック・ボンテ個展

仏職人によるガラスアート
60人超のチームを組み大聖堂の巨大ステンドグラスを完成させたことで有名な、仏ガラス工芸職人のエリック・ボンテのガラスアート作品を展示する。ガラスの中で金色が輝く作品など数点が並ぶ。

I Hear Your Dream ノルウェーの現代芸術

夢を現代芸術家が表現
ノルウェー出身の現代芸術家5人が「I Hear Your Dream」をテーマに創作した作品7点をA、Bホールに展示する。作品は映像や光の投影、アザラシやシャチといった動物の音声などによって表現されている。

Daniel Arsham PERPETUAL PRESENT

石化処理された現代アイテム
ニューヨークを基盤に活動し、建築、塑像、映像作品などで表現を行う現代芸術家、ダニエル・アーシャムの作品展。現代のアイテムに石化処理を施したシンボル的な作品で、現代化に疑問を投げかける。

マーク・ブラッドフォード Los Angeles

海外初出展作も
米国人抽象画家、マーク・ブラッドフォードの個展。米国以外の海外初出品となる巨大な立体作品「Mithra」や今回のために製作した高さ12mの「瀑布」など大型作品のラインアップを予定している。

石上純也 自由建築

代表建築への構想にせまる
 日本学会賞など数々の受賞経験を持つ日本の建築士、石上純也氏の展覧会。代表作「神奈川県工科大学KAIT工房」をはじめとする20件の建築について大型模型、ラフ、手書き設計図、映像資料を展示する。

炎夏之愛

中伊撮影師の作品を展示
中伊4人の撮影師がそれぞれのテーマで写真などの作品を展示する。馬良の作品「我的移動照相館」ではトラックにセットした臨時写真館で全国54都市を巡り、1000人以上を撮影した写真を鑑賞できる。