国慶節はすぐそこ! 空旅ガイド

今年の国慶節は10月1日から8日の8日間。この大型連休期間中に日本へ帰る予定の人、行ったことない土地へ訪れたい人もいるはず。今月は日系航空会社のビジネスクラスと昨年就航した日系LCC、上海市内の空港をご紹介。さらに“旅行のプロ”に聞いた、今年の国慶節の特徴や航空券の買い方のコツをお届けします。

 安徽省亳州市で小さなレストランを営む高さん一家は毎夏、どこからともなく家に入ってくる蚊に悩まされていた。そこで導入したのは昔ながらの蚊取り線香、その数20個。「多ければ多いほど効果が出るはずだ」と言ったかどうかは定かではないが、夜のうちにすべてに点火して床に就いた。
 次の朝、高さんが朝起きるとめまい、立ちくらみで体の調子がすこぶる悪い。妻と3人の小さい子ども達も同様にめまい、立ちくらみに加えて呼吸困難の症状が! 高さんは家族を車に乗せて病院へ急行。しかし、途中で自らの体調も悪化し、最終的に救急車の助けを借りた。
幸いなことに、一家5人の命に別状はなかったようだが、担当医は「線香の煙が多ければ良いというわけではない。1つの部屋に蚊取り線香は1つ、風通しも良くすることが大事。幼児がいる場合は殺虫剤の類は使用しないのが一番」と呼びかけている。

 重慶市在住の何さん(67歳)は、夏休み期間中に9歳の孫、団団の帰省を楽しみにしていたが、思わぬ理由で再会を果たすことができなかった。その理由は屋内WiFiが通っていないから。孫の団団曰く「一番嫌なのは大人が僕にインターネットやゲームで遊ばせず、宿題をさせること。だから行きたくない」。何さんは「団団の好きな紅焼蹄髈、回鍋肉だって用意するし、子守唄を歌いながら寝ることだってできるのに…スマホやネットがなんだっていうのよ」と恨み節を口にしている。
 青少年教育の専門家で重慶市心理学会の陳志林氏は、若年層に“ネット中毒”が広まっていると指摘。「スマホの遊びすぎは青少年に悪影響を及ぼす。周囲への興味関心や、視力低下の原因となるでしょう」と注意を呼びかけている。

 「少林寺拳法」でおなじみの河南省登封市にある少林寺に今国際化の波が押し寄せている。ベトナム、カナダ、イタリアなど世界各地から来た10名ほどの修行志願者が2カ月間、寺の仕事をしながら毎日4時間の訓練に汗を流す。この集中訓練をきっかけに少林寺初の外国籍僧侶も生まれている。

 25年もの間、頭髪を伸ばし続けている女性が話題となっている。その女性は河南省鄭州市在住の樊利利さん49歳。髪の長さは一番長い部分で1m93㎝、洗髪する時には市販のシャンプー400mlボトルが2回で空になるのだという。「25年間伸ばし続けて同僚や近所の人たちは“大辮子” って呼ぶのよ。私はこの長い髪の毛を気に入ってるの。みんなも喜んでくれるし、街行く人は高い確率で振り返ってくれるわ」と得意気だ。
 洗髪するのは毎週一回。洗髪後は髪を傷めないようにドライヤーを使用せず、自然乾燥で乾かすのが“美髪”の秘訣なのだとか。

 重慶市にある水のテーマパーク「洋人街水公園」で8月2日、水上麻雀・中国将棋大会が開催された。気温40℃超、高温警報が発令されたこの日、麻雀に20人、中国将棋に8人が参加し、“熱戦”を繰り広げた。各優勝者には同園の入場券が進呈された。

  • 今年は特製XO 醤入り月餅も

    オークラガーデンホテル上海
    Okura Garden Hotel Shanghai

  • ウェディングショー開催

    「粉色浪漫、愛在朗廷」と題したウェディングショーが8月12日に行われた。ファッションブランド「We Coutu […]

  • ミシュラン2 つ星店が開店

    コルディス上海虹橋
    Cordis Shanghai Hongqiao

  • ダニール・トリフォノフ ピアノリサイタル

  • ミュージカル『天使にラブ・ソングを…』

  • 開催中~9/17

    Follow_Me 听我説

  • 開催中~10/22

    修羅之花 浮世絵原作大賞