実際の紙面画像はこちらをクリック
ディナーでヨーロッパ旅行

ALLORA 意大利餐庁
チーズとハムはイタリア産
隠れた具を楽しむ星型ピザ

allora

南京西路駅最寄り、茂名北路沿いに立ち並ぶレストラン街にあるカジュアルイタリアン。ここに来たなら店内の窯で焼く自家製ピザは注文したいところ。星の形をしたピザ、星星ピザ(128元)は薄めの生地を織り込んで形成。星の先端がポケット状になっていて、エビ、ハム、キノコといった具材がそれぞれ入る。何が入っているかは食べるまでお楽しみの、遊び心が溢れる一品。同店のチーズとハムは全てイタリア産。イタリア産ハム盛り合わせ(S118元、L198元)はハムを4種食べ比べできる。20カ月熟成サン・ダニエーレDOPの生ハムメロン(68元)は熟成されたチーズのような香りを楽しんで。

静安区茂名北路豊盛里217 弄6 号
5290-7108(英語可)
11:30~22:30(LO21:50)

Le Salon de Joël Robuchon
一見シンプルなロブスター
巨匠の意思継ぐブランドで

Robuchon

フレンチの巨匠、故ジョエル・ロブション氏の意思を引き継ぐサロン。朝食、アフタヌーンティーも楽しめる店内は、夜はラウンジとして美食を味わう場に。ソルトバター・ロースト・ロブスター(588元/800g)はシンプルに見えながら、細やかな調理過程が光る。頭部には特製ペーストを入れ、素材の魅力が生きるようバター、チーズを合わせ絶妙な加減で焼き上げた。ステーキなら、豪州産和牛リブアイ・グリル、グレイビーソースとマッシュポテト添え(488元/300g)を。
静安区南京西路1601号芮欧百貨1 階09
6019-6666
10:00~22:00

Pierogi Ladies
ポーランド料理ならここへ
伝統食ピエロギをお好みで

PIEROGI

上海で数少ないポーランド料理を専門に提供する。店名にも冠したポーランド代表食といえる餃子、ピエロギは必食。PIEROGI SURPRISE ME PLATE(12個97元)は彩り豊かなピエロギ20種以上から好きな4つを選べる。定番の具、ポテト&ベーコンは候補の一つに。ソーセージとザワークラウトを煮込んだ甘酸っぱいスープHUNTER STEWBIGOS(68元)など、不思議と日本人になじみやすいテイストが多い。

静安区膠州路283 弄8 号
138-1878-2405
11:30~22:30 月曜定休

Hunkeler Swiss Restaurant
スイス伝統の味を届けたい
チーズ3種のソースがとろり

swiss

山小屋風の店内でアットホームな空間を提供するスイス料理専門店。看板メニューといえばチーズフォンデュ(238元〜/2、3人前)だ。3種のチーズ、木の実のような香ばしい香りの「エメンタール」、コクの強い「グリュイエール」、独特な風味を持つ「アッペンツエラー」を白ワインと絶妙な加減でブレンドした。とろりとしたチーズソースにくぐらせるのは全粒粉バゲット。シンプルにチーズとワインのコクを堪能できる。ほか、冬の定番料理ラクレット(98元/100g)はジャガイモやピクルスと一緒に。香辛料を仕込んだ鹿脚肉のロースト、レーブラーテン(228元)もご賞味あれ。

徐匯区南丹東路111 号-17
5466-8695(日本語可)、139-1777-7512(徐、日本語可)
┌ 10:30~14:30、17:00~22:00

C&R
少しシックにキメたい時に
外灘徒歩圏のスペイン料理

C&R

外灘へ徒歩圏内にあるスペイン料理店。黒でまとめた内装は夜に訪れると一層引き立ち、ムード満点。「上海では珍しいんじゃないかな」と渡辺店長が語るバレンシア地方発祥のパスタ、フィディオ(198元)は今月からの新メニュー。海鮮エキスを吸った極細短パスタを一口食べれば、うま味がじわっと口に広がる。イカの身にエビや野菜をぎゅっと詰め込み、丸みを帯びたフォルムが可愛いらしいスタッフドスクイッド(98元)は歯ごたえも良く日本人にも人気が出そう。

黄浦区九江路168 号
133-4183-7308
11:00~翌1:00、金土11:00~翌2:00

17192327seiyouporden