豆丹

2016年9月30日

刺身用ネタを贅沢にさいの目切り。一口で旬を味わえるちらし御膳(108元)
その日仕入れた一番良い魚を提供する刺身盛り合わせ(298元/3人前)
博多老舗の味をほうふつとさせる博多水だき

Whenever特典

週末ランチ注文時「本誌を見た」、の声掛けでデザートアップグレード(10月31日まで)

博多男の意気光る。刺身魚の旬ちらし

その日仕入れた一番良い魚を提供する刺身盛り合わせ(298元/3人前)博多老舗の味をほうふつとさせる博多水だき

 

軌道交通2号線婁山関路駅直結の巴黎春天で自慢の魚料理を提供する豆丹。
この道30年、博多育ちの料理長が「うまい魚を手ごろな値段でたらふく食べてほしい」との思いから、旬の魚をこれでもかと盛り付けた土日祝日限定ランチ、ちらし寿司御膳(108元)を提供している。
長崎から仕入れた刺身用の魚を、風味を感じやすい大きさにさいの目切り。産卵に向け脂の乗り始めるカンパチやサケ、マグロ、ウニなどを贅沢に頬張ることができる。小鉢や茶碗蒸しも付き食べごたえ十分で、目当てに通う客が後を絶たない。
また、10月中旬から提供する1日16人前限定の博多水だき(158元/2人前)も、予約必須の人気メニューだ。まる鶏のみを強火で5、6時間煮込んだうま味たっぷりの白濁スープを、軽い口当たりにレンコンの食感が楽しいとりつくねとともにいただこう。
10月1、2日以外は国慶節も営業。一度足を運んでみてはいかが。

おすすめ