貳千金LADY BUND

2016年9月30日

イタリア産生ハムで蓋をしたスープ、千金佛跳墙(168元)
銀魚水果鮮虾金魚餃(88元/2個)は複雑な食感が特徴
前日までに予約必須、「金華豚」使用の老板紅焼肉(680元)
窓から黄浦江を眺められる。22人、16人、8人収容の3個室あり
ムラサキイモで作るポテトサラダ、千金紫薯色拉(78元)

外灘の中華アテンドならここ
料理も空間もスタイリッシュ

銀魚水果鮮虾金魚餃(88元/2個)は複雑な食感が特徴前日までに予約必須、「金華豚」使用の老板紅焼肉(680元)窓から黄浦江を眺められる。22人、16人、8人収容の3個室ありムラサキイモで作るポテトサラダ、千金紫薯色拉(78元)

 

 フランス人デザイナーが手掛けた上質感の中に遊び心が感じられる内装、窓の外に広がるバンドの風景。中華料理店の貳千金LADY BUNDは、そんな豪華な場所にて西洋料理も研究し生み出した「モダン中華」を提供している。
 同店がこの秋推薦するメニューはどれも食材や調理法に加え器までこだわり、鮮烈な印象を残す。まずは「中華の高級スープ」として日本でも知名度の高い佛跳墙。野鳩の燻製からスープをとり、ナマコ、魚の唇、サメの皮、干し貝柱、花山椒なども加えた。「化学調味料を使わない」というモットーを背景に、高級食材の組み合わせで自然なうまさを追求する。
 毎日5皿限定で作る銀魚水果鮮虾金魚餃も独創的。江蘇省太湖から届く新鮮な白魚に刻んだフルーツを足し透明な皮で包み、金魚型の変わり餃子に仕上げた。
 調理場は五つ星ホテルやミシュラン星付きレストランで経験を積んだ邢偉(シン・ウェイ)氏が仕切る。地元の食材を生かし各国の調理法も使う彼の料理、日本からのゲストにも喜んでもらえそうだ。

おすすめ