Viva!

2016年11月30日

slow cooked pork ribsはハーフ(158元)、フル(238元)を選べる
チーズがたっぷりのFrancesinhaはフレンチフライとも好相性
ピリピリとオリーブオイル、ガーリックの香りが食欲を刺激する
レンガや木目が居心地の良さを醸す内装。中二階の席も用意
スパイスやフルーツを浮かべたジン・トニックinfusion of gin(58元)

ポルトガル人シェフがふるまう
肉料理、魚料理でおしゃれに乾杯

チーズがたっぷりのFrancesinhaはフレンチフライとも好相性ピリピリとオリーブオイル、ガーリックの香りが食欲を刺激するレンガや木目が居心地の良さを醸す内装。中二階の席も用意スパイスやフルーツを浮かべたジン・トニックinfusion of gin(58元)

 

 素材を生かすやさしい味付けや、魚介や野菜といったなじみの食材。「日本人好みの味」とも言われるポルトガル料理をここ上海で楽しむなら、威海路にある「Viva!」は外せない。ポルトガル人シェフが腕をふるう同店では食材、調理法、ドリンクに至るまで、本場さながらの味を楽しめる。
 海の幸、山の幸を存分に楽しむ豊富なメニューは自家製にこだわるソースが決め手だ。スパイシーソース「ピリピリ」でエビを炒めたPiri-Piri prawn(88元)や米国産ポークリブをBBQソースに漬け込み、実に12時間以上も煮込んだというslow cooked pork ribs。ビールやワイン、ブランデーで作るコクのあるソースは、ハムや牛フィレなど4種の肉を挟んだトーストをチーズで包む「ポルトガル版クロックムッシュ」Francesinha(148元)に。手の込んだ料理は食べ応えも満点、お酒との相性も抜群だ。
 カラフルでヨーロピアンな店内でのおしゃれな女子会はもちろん、ボリュームフード好きのアテンドやお酒の席にもおすすめ。パーティーが増えるこれからの季節、陽気なポルトガル料理はいかが。

 

おすすめ