Nepali Kitchen

2016年12月30日

カレー2種にナンまたはライス、サラダほか3品にアルコール含むドリンクつき
ポテトベースにチーズたっぷりのコロッケ、チーズボール(73元)はワインにマッチ
スパイスでマリネして焼いた、チキンチョイラ(65元)

Whenever特典

本誌持参で特別ランチがオーダー可能に (誌面撮影画像の提示でも可。1月末まで)

ランチはネパールへショートトリップ

ポテトベースにチーズたっぷりのコロッケ、チーズボール(73元)はワインにマッチスパイスでマリネして焼いた、チキンチョイラ(65元)

「現地レストランの雰囲気を感じてもらいたい」とネパール人店長のRudraさんが話す通り、居心地の良い店内はランタンやクッションなどのインテリア、BGMをネパールで統一。巨鹿路沿いにオープンして16年の老舗レストラン「Nepali Kitchen」は上海にいながら現地気分を味わわせてくれる。2階には履物を脱いでリラックスできる畳敷きの座敷席、リピーターに人気の個室を用意、3階は20人以上で貸し切りも可能だ。
12月末までのWhenever限定ランチコース99元では、マトンとミックス野菜の2種類の人気カレーが同時に楽しめる。Rudra店長がネパールから取り寄せたクミン、クローブなど10種以上のスパイスを混ぜ合わせた、マイルドな味わいが評判を呼んでいる。
思う存分ネパールカレーを味わった後は、スパイスで香りをつけたミルクティー、マサラティーでほっと一息つこう。

おすすめ