炉匠 炉端焼・酒

2017年1月26日

魚介と山菜が満載 「だしが命」の豪華な一品(98元)
炭火で焼かれたカルビ焼肉(168元)
レタスを豚バラ肉で包み豪快に丸揚げしたぐるカツ(78元)

寒い冬こそ炉端焼き

炭火で焼かれたカルビ焼肉(168元)レタスを豚バラ肉で包み豪快に丸揚げしたぐるカツ(78元)
 昨年12月末に「和モダン」をテーマにリニューアルオープンした炉端焼き「炉匠」ifc店。カウンター席に座れば、いろりで焼かれた料理が大きなしゃもじで提供され、雰囲気も料理と一緒に味わえる。
 内装とともにグランドメニューを一新した当店のおすすめは、冬のランチメニューから北海蒸し山菜ごはん定食(98元)。ホタテ、イクラ、穴子、カニなどの魚介にワラビやゼンマイなど山菜を米と一緒に蒸し上げた、見た目にも豪華な一品。食材一つ一つの風味を損なうことなく、だしを効かせ上品に仕上げた。 
 「季節感を大切に」と語る日本人シェフの一押しは、アンコウ入り湯豆腐定食(88元)、和風辛味雑炊定食(78元)。ほかにも体を温める旬のメニューが並ぶ。
 元気の良い掛け声が飛び交う賑やかな1階席と、ノスタルジックな雰囲気漂う2階席があり、テラスでは浦東の高層ビル街を一望できる。徒歩圏内には上海環球金融中心や東方明殊電視塔があり、外国からのゲストの接待でも活躍してくれそうだ。

おすすめ