安達 くずし割烹

2015年12月8日

冬季限定のよせ鍋には、こだわりの海鮮が約10種類も
10月からの新メニュー、牛フィレとフォアグラのステーキ
柔らかな口どけがたまらない、脂の乗ったノドグロ
目にも鮮やかな前菜盛り合わせ
14の座敷が備えられた、純和風の店内

随所で感じる冬の味わい
旬を引き立てる熟練の技に酔う

10月からの新メニュー、牛フィレとフォアグラのステーキ柔らかな口どけがたまらない、脂の乗ったノドグロ目にも鮮やかな前菜盛り合わせ14の座敷が備えられた、純和風の店内

旬の素材が持つ芳醇なうま味を、熟練の職人のつくる繊細な和食で堪能できると評判の「くずし割烹 安達」。季節とともに移り変わる食材の状態に合わせて提供される新メニューも、常連の目当ての一つだ。
毎日愛媛や長崎から空輸する海鮮は、刺身はもちろん、あぶらの乗ったこの時期だからこその楽しみ方が満載。限定数で入荷する希少なノドグロ(268元)は、柔らかな身を塩焼き、煮つけのいずれ
でいただくか選ぶことができる。その日の仕入状況で食材を決めるこだわりの釜炊きごはん(98元/2人分)、10種ほどの魚介を贅沢に盛り込んだよせ鍋(300元/人)など人気の単品メニューのほ
か、味噌仕立てのスープに甘い白身がとろけるアンコウ鍋やステーキなどの焼き物を含む料理長お任せコース(11品、450元/人)も冬の醍醐味を味わうにはうってつけ。
ゆったりとした広めの客席や細部まで行き届いた心配りがくつろぎのひと時を届けてくれる。四季折々の味覚を楽しみに、ぜひ足を運びたい。

おすすめ