岩東 光男 氏 笑顔があふれる安心・安全な食堂運営を中国でも展開

2018年4月30日

02

株式会社グリーンハウス
取締役
岩東光男氏

――貴社についてご紹介ください。

 弊社は日本で①ビジネス・学校(工場、オフィスの食堂や学校給食の運営)②ヘルスケア(病院、シルバー施設)③レストランチェーン(とんかつ「新宿さぼてん」など)④ホテルの経営受託など、食とホスピタリティに関する総合的なサービス、コンサルティングの事業を展開しており、従業員はパート社員を含め海外含め約3万4000人です。
 中国には08年より進出し、独資の子会社4社を持ち、現在までに上海、蘇州、無錫、大連、天津、広州に33カ所の工場やオフィスなどの食堂の運営を受託しております。

―経歴と経営において重視することをお聞かせください。

 私は1982年に調理師として入社し、サービスの現場からスタートしました。その後、エリアマネージャー、部長、役員を務め、管掌するエリアが段々と広くなりましたが、弊社サービスの原点は現場ですので、常に現場重視で経営に携わっております。
 現在管掌しているエリアは中国以外にも日本の首都圏、中部地方以外の西日本となっており、管掌店舗数は500店を超えておりますが、今も現場を定期的に巡回しております。
 常にチェックするのは従業員の笑顔、活気があるかどうかですね(笑)。弊社の経営理念である社是は「人に喜ばれてこそ会社は発展する」ですが、お客様に喜ばれることに努めているかが何より大切で、長年の経験を基に、一つ一つの細やかな作業手順を観察しながら満足するサービスができているかを厳しく見ております。

―中国での貴社サービスについてお聞かせください。

 私どもの使命は「安全安心な食堂運営サービスを通じてクライアントとその社員に貢献することである」と考えています。お客様であるクライアントの社員が健康で活躍されて初めてその企業に活力が生まれます。弊社は食の安心、安全、社員の健康と活力について、日本で長年の経験を持っていますので、中国の社員食堂においてもそれを実現するための様々なレベルでの従業員教育を徹底して行います。日本と同じHACCPの基準に準拠した衛生管理ノウハウを中国でも徹底導入しております。
 クライアントの従業員の皆様に飽きを与えないように受託先ごとのオーダーメードの豊富なメニューや季節、時節を感じられるイベントメニューも組み込み、顧客満足度を高めるよう努めております。誕生日、創立記念日、クリスマスや日本食イベントなど様々な提案をしております。笑顔の接客、清潔な食堂作りなど食環境全体にも目を配っています。

―今後の目標を教えてください。

 お陰様でご紹介をベースにこれまでしっかりとした基礎を作り上げましたので、今後はその基礎を基にして、さらに中国のビジネスを拡張していきたいです。現場が私どもの力の源泉ですので、この現場力をアピールして、5年後には中国での受託運営個所を300カ所まで伸ばしていくのが目標です。