山本 啓暉氏 車事業を基盤に多角化へ 新KINKIを見せたい

2019年2月2日

phy

新KINKI レンタリース上海社
総経理
山本 啓暉 氏
やまもと・ひろき●2012年、24歳で現在の新KINKIレンタリース上海社を創業。車のリース、ハイヤー事業で200社余りと長期契約を結ぶ信頼を得る。個人向けの事業強化、ワイン販売、飲食への進出など既存事業との相乗効果を狙う多角化で「新KINKI」実現を図る。趣味はオートバイ。

―これまでのご経歴と自社についてご紹介ください。
小学校1年生から5年生まで上海で、その後日本で学び、日本の会社に就職しました。2010年に起業を決意して上海に戻り、車のリース、ハイヤー会社を創業したのが12年、24歳のときです。多くのお客様のサポートをいただき、新KINKIレンタリース上海という会社を軌道に乗せることができました。
 車関係の事業を興したのは自分の技術、知識を生かせる分野だからです。小学生のときにオートレーサーに憧れ、中学、高校とバイクの練習に打ち込み、整備のアルバイトも経験しました。高校卒業後は整備士養成校として名高い本田学園に入学し、卒業後はホンダ自動車でも働きました。日本国家資格である一級二輪自動車整備士、二級ガソリン・ディーゼル自動車整備士免許も取得しております。今のビジネスを営むことに
喜びを感じています。
―貴社のビジネスの特徴を教えてください。
 まず、きめ細かなサービスです。例えば、長期リースをご利用いただいているお客様が、簡単に車を見つけられるように極力決まった位置に駐停車しています。また、お出迎えの折には飲料や、小さなお子様もいらっしゃる場合はお菓子類も準備しております。
 次にお客様のニーズに的確に応えることです。創業間もない12年から13年には多くの日系企業がコスト軽減のため、社用車を長期リースに切り替えました。このとき、弊社は上海の中心部だけでなく、青浦、嘉定、宝山などの郊外、さらには上海市外の蘇州、無錫、杭州、連雲港、青島といった都市でもサービスを提供する体制を築きました。
 最近ではハイヤーのご利用も増えており、こちらもビジネス、プライベートなどお客様の目的に適うサービスで顧客満足度の向上に努めています。半日単位でのご利用、4時間前予約、接待後などにご利用いただく18時以降の送迎サービスなどです。また、出張者に便利な1日19元のWiFiレンタルや1時間49元の会議室レンタルを行っています。さらに、安心・安全・快適・便利の提供こそが弊社の使命という思いからドライバーの教育と管理を徹底し、万一に備えて日系大手保険会社の自動車保険にも加入しています。
―事業の多角化を進めていると伺いました。
 多角化サービスによりお客様との接点を増やすことで、既存サービスとの相乗効果を生む狙いです。一例としてフランス、チリ、ハンガリーなどの良質な自然派ワインを「どこよりも安い自信」を持って販売しています。企業やマンションなどでのイベント会場における特設販売や、弊社公式WeChatでの販売で個人、企業からのオーダーが増えております。パーティーやイベントのためにまとめ買いしていただける企業も増えました。ワインのお客様にハイヤーをご利用いただく好循環も生まれています。
 また、近くレストラン業への進出も計画しており、「吞吞上海」という飲食管理会社を設立しました。「どんどん」仕事が進み、飲食も進む、そんな意味をこめてのネーミングです。
―最後に一言お願いいたします。
 「いつも皆様の身近に」をモットーにサービスを多角化して新しい会社の姿を見せていきたいと「新KINKI」戦略をスタートしました。変わりゆく弊社を今後もよろしくお願いいたします。