今宮徳洋氏「心に残る体験を世界に」 楽しみ、感動、笑顔を生む

2019年7月1日

7月号経営哲学

上海ラクトコンサルティング
総経理
今宮徳洋氏
いまみや・のりひろ●大学在学中の2000年、休講情報配信や大学生向けフリーペーパーで起業、北京外国語大への1年間の留学を経て01年同志社大卒。03年来海し、人材紹介事業の立ち上げを行う。09年上海ラクトコンサルティングを創業、「心に残る体験を世界に」が事業ミッション。

―貴社の事業をご紹介ください。
 「心に残る体験を世界に」を企業ミッションに掲げ、次の5つの事業を展開しています。①ファミリーデーや社内運動会をはじめとする会社イベントの企画、受託運営―福利厚生の充実に取り入れる企業も増えています。②会社対抗のスポーツ祭典「楽SPOフェスタ」の主催企画運営―2006年にスタートし、在上海日本国総領事館や上海市体育局に後援していただいて、今年で4回目を迎えます。競技者のご家族も含め約4000名の方にご参加いただいております。③在庫商品をメインとした社内販売会事業④日本語によるレストラン口コミ・無料予約代行サイト「楽っと予約」運営⑤日本語によるフードデリバリーサービス「楽っとデリバリー」運営―楽っと予約と楽っとデリバリーは約1万5000人の会員にご利用いただいています。

―事業の立ち上げ時に重視していることは何でしょうか。
 ①やりたいことを事業化する②強みの発揮できるフィールドで勝負する③世の中の人に喜んでもらえる④ブルーオーシャンで勝負をする―の4点です。新しいマーケットを作り出すことに喜びを感じています。

―会社設立10周年を迎えての思いをお聞かせください。
 弊社のサービスをご利用いただいている皆様並びにご支援いただいている皆様に心より御礼申し上げます。そのご支援に対する感謝を伝える場として10周年感謝祭を11月23日に開催いたします。ラクトらしく、グルメグランプリ、キッズブース、抽選会、のど自慢大会などお祭り要素が盛り沢山のコンテンツを用意する予定です。お祭りで皆さまが楽しんで、笑顔になっていただくことを通して恩返しをしたいと考えております。さらに、今年の「楽SPOフェスタ」は前回よりも大きな会場で、競技種目も23種目に拡大して今まで以上に盛大に行いたいと思っております。11月23日土曜日をメインデーとし弊社10周年感謝祭、第1回キッズフェスタと同時に開催することで、より多くの皆様に「楽しみ・感動・笑顔」を体験していただけることができると期待に胸を膨らませています。例年の倍、8000人規模の大会となるかもしれません。
―今後の抱負を教えていただけませんか。
 「おもろい仲間とおもろいことをやり続け、世界に『楽(RAKU)』生みだす企業船団となる」というビジョンを持っています。今後も志を持った仲間達と、笑顔と感動を生みだすビジネスに挑戦し続けたいと思います。

▲約4000人が集まる「楽SPO フェスタ」。各企業チームの入場式

▲社内運動会での玉入れ。企業の福利厚生として好評