山﨑

2017年12月27日

200g がオススメの「サーロインステーキ」と各種お酒。料理長の地元喜界島の焼酎も揃う
8人用個室。ほか14人用の個室もあり
ステーキは岩塩で下味を付け、大きな焼き場で豪快に焼く
日替わりの「刺身盛り合わせ 梅」(98 元)。活きの良いホッキ貝は湯通しせずそのままいただける

肉も刺し身も本格派
酒に合わせ選ぶという贅沢

8人用個室。ほか14人用の個室もありステーキは岩塩で下味を付け、大きな焼き場で豪快に焼く日替わりの「刺身盛り合わせ 梅」(98 元)。活きの良いホッキ貝は湯通しせずそのままいただける
 炭火で焼く和牛種のステーキと、鮮魚の刺し身、寿司を提供する日本料理店「山﨑」が11月15日、仙霞路にオープンした。1月20日まで、新規来店時に大谷料理長へ「らくらくプレスを見た」と伝えると、なんと生ビールを1人3杯まで無料とする太っ腹なキャンペーンを実施している。
 店内奥、カウンターに囲まれた広い調理場で、複数のスタッフに指示を出しながら最もてきぱきと働いているのが大谷料理長。15歳から京都の和食店で修業し、この道33 年、うち中国では25 年という大ベテランだ。
 そんな料理長が手掛ける料理は、和食はもちろんステーキも本格派。「サーロイン」(0.8元/g)、「リブロース」(0.8元/g)、「フィレ」(1元/g)と揃え、100gから注文可、プラス28元でセットにもできる。焼き加減や味付けも細かく注文でき、料理長のオススメはこんぶ塩や抹茶塩、生わさび、柚子といった和風の食べ方だ。ワインだけでなく日本酒も進みそう。
 お酒の種類にも力を入れる同店。日本各地の地酒に焼酎、ウィスキー、ワインも豊富。果実酒3 種の「利き酒三種セット」(109 元)は女性にぴったり。「飲みたいお酒に合わせた料理を提供できる。ぜひ自由に選んで」と料理長。鮮魚の刺し身に炭火焼きと、わがままにリクエストしてみて。

おすすめ